申し込みとは異なる消費者金融の営業時間

消費者金融からのキャッシングはネット申し込みが可能になったこともあり、24時間いつでも受け付けていますが、営業時間も24時間というわけではありません。

これらを混同してしまうと思い通りのキャッシングができなかったり、キャッシングまでに余計な時間を費やしてしまうこともあるので注意しましょう。

営業時間を正しく知ることで、急いでいる場合でも冷静に対処することができます。

24時間ではない消費者金融の営業時間

消費者金融は迅速な対応でスピーディにキャッシングができるイメージですが、24時間いつでも対応してくれるわけではありません。

あくまで申し込みが24時間いつでも可能というだけで、実際に借入に必要な審査は営業時間内に行われることになります。

消費者金融の営業時間は会社によって異なりますが、有人店舗であればおおむね午前9時や10時ごろから開始され、午後6時から8時ごろには閉まってしまいます。

消費者金融は審査にかかる時間をできるだけ早く完了させるように努めていますが、この時間内でなければ審査自体が行われないため時間外に申し込みをしたとしてもすぐにキャッシングはできず、翌日の営業時間に審査が行われることになります。

深夜まで営業している無人契約機

消費者金融の営業時間は遅くても夜の8時ごろまでとなりますが、これは有人店舗での話しであり、仕事が終わるのが夜になってしまう方やどうしても時間の都合がつかないという方のために、深夜まで営業している無人契約機を利用するという方法もあります。

無人契約機は消費者金融各社が独自に運営しており、営業時間も有人店舗に比べると遅くまで開いています。

大手の消費者金融が運営している無人契約機はどこも夜の9時から10時ごろまで営業しており、営業時間内であれば審査もしてもらえるため、夜でもキャッシングができる可能性はあります。

また審査に通過した際にはローンカードをその場で受け取ることができるので、無人契約機は手間が少なく便利なサービスでもあります。

振込キャッシングにも時間制限があるので注意

消費者金融からのキャッシングは審査時間には制限があるものの、自社ATMやコンビニATMからもキャッシングを行なうことができるので、審査に通過すれば利用時間にとらわれることは少なくなります。

しかし振込キャッシングだけは別で、指定した口座に直接振り込みでキャッシングを行なう振込キャッシングは、アプリやサイトから簡単に利用できる反面、時間制限が設けられています。

銀行のシステムとの関係もあり、多くの場合は平日のみの利用で、締切時間は金融機関によって異なります。

目安としては午後2時ごろまでというところが多く、もっと早い時間に締切られる会社もあるのでなるべく早い時間に手続きを行なうことが大切です。

ただし消費者金融と提携している銀行の口座を持っている方は時間に融通が利くケースもあり、プロミスでは口座を指定することで振込キャッシングにおいても24時間振込めるサービスが行われています。

まとめ

キャッシングはコンビニやインターネットからでも行なえる便利なサービスです。

しかしそれらもすべて審査を通過したうえで初めて受けられるサービスでもあるため、審査は厳格に行われ時間もきっちりと決められています。

消費者金融は時間さえ守ることができれば即日でのキャッシングも可能な金融機関でもあるので、正しい知識を持って利用することが肝心です。