モビット会員のためのクレジットカード「SMBCモビットnext」

消費者金融系のクレジットカードがあるのをご存じでしょうか。
アコムが発行している、ACマスターカードは意外と有名です。かつてはプロミスがJCBカードを出したりなどしていたのですが、長い間、ACマスターカードが消費者金融唯一のクレジットカードでした。
ところが最近、SMBCモビットのクレジットカードが出たのです。このカード、SMBCモビットnextについて見てみましょう。

SMBCモビットnextは複合カード

SMBCモビットnextは、どんなクレジットカードでしょう。
発行しているのは、実はSMBCモビットではありません。SMBCモビットと同じ、三井住友フィナンシャルグループの中核のひとつ、三井住友カードです。
ですから、正確にはACマスターカードに続く消費者金融系カードというわけではなく、消費者金融と提携したカードということになります。
ですが、1枚のカードがクレジットカードとなり、またローンのカードになるという点では、同じ扱いをしてもいいでしょう。

SMBCモビットnextはMasterブランドのクレジットカード

三井住友カードといえば、日本におけるVISAカードの草分けのような存在です。
しかしながら、SMBCモビットnextの国際ブランドはMastercardだけです。Mastercardのほうが、消費者金融に対して寛容なのだと思われます。
いずれにせよ、Masterブランドなら、世界中どこでも使えます。それでも年会費無料なのはひとつのメリットでしょう。
その他の機能としては、TポイントおよびTマネーが付いています。
クレジットカードの利用で貯まるのも、Tポイントです。

SMBCモビットnextなら、ローンカードであることがわかりにくい

SMBCモビットのローンカードは、表面に「SMBCモビット」と書いてあります。
人に見られると、ローンのカードなのが一目瞭然です。これが嫌な人もいるでしょう。
そういう人は、SMBCモビットnextを申し込みましょう。ただしこのカードは、発酵前にモビット会員になる必要があります。
クレジットカードのデザインには二種類、シルバーとブラックがありますが、ブラックのほうはTポイントを前面に出したデザインで、モビットの名称がまったく書かれていません。

まとめ

SMBCモビットは、消費者金融大手の中でも個性的な営業方針で知られています。職場に在籍確認をしないWeb完結や、他の消費者金融に先んじて始めた、スマートフォンアプリによるキャッシングなどです。
そのSMBCモビットが、さらにクレジットカードを出してきたのです。これは注目したくなるでしょう。
カード利用で貯まるポイントが、汎用性の高いTポイントである点もアピールできるものです。