プロミスからの借入金をATMの手数料を支払わずに使う方法

プロミスのカードローンからの借入金をコンビニATMから引出すと手数料を取られます。

また、借入金を手数料無料で銀行口座へ振込んでもらったとしても、口座から引出す時に提携ATMだったり、時間外だったりすれば、やはりATM手数料を取られることになります。ATM手数料は回数を重ねると大きな出費になるため、できる限り使わない方が得策です。実は、プロミスにはATMを使わないで借入をする方法があります。

プリペイドカードの利用

2016年からプロミスは、同じ三井住友フィナンシャルグループである三井住友カードと連携し、「三井住友VISAプリペイド」にプロミスからの借入金を直接チャージできるサービスを提供しています。

このことによって、プロミスからの借入でATMを利用する必要が無くなり、借入ごとに手数料という無駄なお金を支払わずに済みます。

また、プリペイドカードであるため、チャージした借入金は現金と同じように使えます。当然、チャージした金額分しか使用できないため、使い過ぎるという心配も要りません。

チャージの仕方

プリペイドカードへのチャージは、プロミスのWEBサイトにあるネット会員ページから行います。会員ページにログインし、「チャージ(三井住友VISAプリペイド)」をクリック、次に「チャージ希望額」に金額を入力するだけです。チャージ手数料は無料になっています。

24時間365日いつでもチャージができ、何回でも繰り返し利用できます(カードローン利用限度額の範囲内)。1回に付き3,000円から29,000円まで、1円単位でチャージできます。プリペイドカードの残高上限額は50,000円です。

プリペイドカードの取得

プリペイドカードを取得するには三井住友VISAプリペイドの会員登録が必要です。三井住友VISAプリペイドは年会費が無料ですが、新規カードの発行時だけ、200円の手数料がかかります。

なお、プロミスの既存の利用者は、会員ページからプリペイドカードの申込ができます(発行手数料・無料)。初めてプロミスのカードローンを利用する人は、カードローンの契約手続きと同時にプリペイドカードの申込をします。なお、プロミスへの新規契約者の場合は特典として、2,000円分のチャージされたプリペイドカードが発行されます。

まとめ

三井住友VISAプリペイドが利用できるようになったことで、無駄な手数料を支払わずに済むようになり、プロミスのカードローンの利便性が一段と増しました。

また、世界で最も加盟店の多いVISAブランドであるため、個人商店でもない限り、どこの店舗でも利用できます。なお、現金と違い、ネットでのショッピングの支払いに使うことができるというメリットもあります。